TOP>研究>業績集>平成27(2015)年度
平成26(2014)年度 < 平成27(2015)年度 > 平成28(2016)年度

学会発表

  1. 齊藤卓弥:社会的支援の考え方と専門機関の連携に関する総論的概説, ワークショップ:専門医受験者のための小児精神医療入門 子どもの精神科治療, 第111回日本精神神経学会学術総会2015年6月4-6日(大阪)
  2. 齊藤卓弥:DSM-5が子どもの心の臨床に与えた影響, 第17回「子どもの心」研修会 2015年7月12日(東京)
  3. 齊藤卓弥,氏家武,傳田健三:札幌市における児童思春期精神医学科医療の連携体制モデルの構築とアンケート調査の結果報告, 第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年9月29日-10月1日(横浜)
  4. 齊藤卓弥:児童領域の薬物療法の問題, シンポジウム:児童領域の薬物療法の問題点 第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年9月29日-10月1日(横浜)
  5. 齊藤卓弥:社会的支援の考え方と専門機関の連携と薬物療法, 児童青年期委員会研修会『総合病院における子どものこころの治療』 第28回日本総合病院精神医学会総会 2015年11月27-28日(徳島)
  6. 齊藤卓弥:不安症(障害)と発達症(障害), シンポジウム:臨床に活かせる基礎研究の成果 第8回日本不安症学会学術大会 2016年2月6-7日(千葉)
  7. 齊藤卓弥:ADHDにおける疾患モデルと神経薬理学, シンポジウム:発達障害の課題解決に向けた基礎・臨床研究の連携 第45回日本神経精神薬理学会 2015年9月24-26日(東京)
  8. Yagyu K, Takeuchi F, Suyama S, Okada A, Tomioka A, Shiraishi H, T, Saitoh T: Fuzzy Entropy analyses for default mode network in ADHD children, 5th biennial meeting of the International Society for Advancement of Clinical Magnetoencephalography - ISACM, 2015年6月23-26日(Helsinki)
  9. 柳生一自, 橋本竜作, 岩田みちる, 下條暁司, 室橋春光:発達性読字障害と特異的言語障害(文法障害)を示した女児例, 第57回小児神経学会 2015年5月28-30日(大阪)
  10. 柳生一自,竹内文也,岡田亜也, 富岡麻子,白石秀明,齊藤卓弥:ADHDのバイオマーカー探索:脳磁図によるエントロピー解析, 第30回日本生体磁気学会 2015年6月5-6日(旭川)
  11. 柳生一自, 下條暁司, 岩田みちる, 橋本竜作, 関あゆみ, 白石秀明, 室橋春光:ディスレクシアに対する脳磁図を用いたアプローチ, 第15回発達性ディスレクシア研究会 2015年8月1-2日(高松)
  12. 柳生一自, 須山聡, 岡田亜也, 富岡麻子, 齊藤卓弥:脳磁図を用いたエントロピー解析—ADHD診断の可能性, 第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年9月29日-10月1日(横浜)
  13. 東飛鳥, 須山聡, 鈴村俊介:学習困難を主訴に来院した通常学級在籍児童をめぐって, 第56回日本児童青年精神医学会総会 2015年9月29日-10月1日(横浜)
平成26(2014)年度 < 平成27(2015)年度 > 平成28(2016)年度

講演・シンポジスト

  1. 齊藤卓弥:ADHDの診断と治療, 第8回発達障害精神医療研修 2015年9月16-18日(東京)
  2. 齊藤卓弥:ADHDと双極性障害, 日本ADHD学会第7回総会 2016年2月20-21日(東京)
  3. 柳生一自:シンポジウム総合病院での児童精神科の魅力:新規開設された児童思春期精神医学講座の1年間の歩みと試み~ニッチからの発展を目指して, 第18回有床総合病院精神科フォーラム 2015年7月11日(札幌)
  4. 柳生一自:思春期のこころ, 第31回北海道思春期研究会 2015年7月12日(札幌)
  5. 柳生一自, 掛江直子, 佐々木八十子, 有賀正:小児慢性疾患アンケートから, 小児のWell-beingを考える, 第25回小児腎臓病研究会 2015年10月24日(札幌)
  6. 柳生一自:ディスレクシア(発達性読字障害)の臨床と脳機能研究, 第11回北海道小児オータムセミナー 2015年10月21日(札幌)
  7. 柳生一自:読字障害に対する脳磁図計測, 第45回日本臨床神経生理学会 エキスパートセミナー 2015年11月5-7日(大阪)
平成26(2014)年度 < 平成27(2015)年度 > 平成28(2016)年度

論文

  1. Tsujii N, Saito T, Izumoto Y, Usami M, Okada T, Negoro H, Iida J.: Experiences with Patient Refusal of Off-Label Prescribing of Psychotropic Medications to Children and Adolescents in Japan, Journal of Child and Adolescent Psychopharmacology, 2015 Jun 23. [Epub ahead of print]
  2. 成重 竜一郎, 川島 義高, 澤谷 篤, 齊藤 卓弥, 大久保 善朗:救命救急センターにおける若年自殺未遂者の特徴, 児童青年精神医学とその近接領域 56(2), 179-189, 2015
  3. 辻井 農亜, 泉本 雄司, 宇佐美 政英, 岡田 俊, 齊藤 卓弥, 根来 秀樹, 飯田 順三:児童青年期患者に対する向精神薬の適応外使用についての意識調査, 児童青年期精神医学とその近接領域, 56(2), 220-235, 2015
平成26(2014)年度 < 平成27(2015)年度 > 平成28(2016)年度

解説・評論・総説

  1. 齊藤 卓弥:児童・青年期における自殺の危険因子と保護因子―何がどこまで明らかにされているのかー, 精神科治療学, 30(4), 497-504, 2015
  2. 齊藤 卓弥:DSM-5による児童思春期精神科医療へのインパクト, 精神医学, 57(8), 620-623, 2015
  3. 齊藤 卓弥:重篤気分調節症, 精神科治療学, 30巻増刊号, 90-92, 2015
  4. 齊藤 卓弥:児童・思春期のうつ病, 精神科治療学, 30巻増刊号, 121-123, 2015
  5. 齊藤 卓弥:DSM-5と成人期ADHDの適性診断について, 精神神経学雑誌, 117(9), 756-762, 2015
平成26(2014)年度 < 平成27(2015)年度 > 平成28(2016)年度

著書

  1. 齊藤卓弥:注意欠如・多動症(注意欠如・多動障害),1503-1505(金澤一郎編:今日の診断指針第7版, 医学書院, 東京)2015
  2. 齊藤卓弥:思春期女子のうつ病, 53-70(松島英介編:女性のうつ病 ライフステージから見た理解と対応, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京)2015
  3. 齊藤卓弥:子どもの抑うつ性障害と双極性障害, 87-103(傳田健三,氏家武,齊藤卓弥編著:子どもの精神医学入門セミナー, 岩崎学術出版社, 東京)2016
  4. 齊藤卓弥:子どもに対する薬物療法, 203-228(傳田健三, 氏家武, 齊藤卓弥編著:子どもの精神医学入門セミナー, 岩崎学術出版社, 東京)2016
  5. 柳生一自:子どものディスレクシア, 87-103(傳田健三, 氏家武, 齊藤卓弥編著:子どもの精神医学入門セミナー, 岩崎学術出版社, 東京)2016
平成26(2014)年度 < 平成27(2015)年度 > 平成28(2016)年度