TOP>研究>業績集>平成26(2014)年度
平成25(2013)年度 < 平成26(2014)年度 > 平成27(2015)年度

受賞

  • 岡田亜也:第6回日本ADHD学会ポスター賞(平成27年3月7-8日)
平成25(2013)年度 < 平成26(2014)年度 > 平成27(2015)年度

学会発表

  1. 柳生一自、下條暁司、白石秀明、数又 研、室橋春光:脳梗塞に伴う運動性失語における脳皮質活動の梗塞前後、回復期での変化(言語、文字学習、リハビリテーションへの応用可能性) 第14回発達性ディスレクシア研究会 2014年7月12-13日(東京)
  2. 柳生一自、岡田亜也、齊藤卓弥:全般性不安障害女児の回復過程 第55回児童青年精神医学会 2014年10月11-13日(浜松)
  3. 柳生一自:子宮頸がんワクチン接種後に多彩な症状を呈した思春期症例 精神科専門医制度生涯教育研修会 第3回小児精神医療研修会 2014年10月26日(札幌)
  4. 柳生一自、下條暁司、白石秀明、数又 研、室橋春光:脳梗塞に伴う運動性失語における梗塞前後、回復期での脳磁活動変化 第44回日本臨床神経生理学会 2014年11月19-21日(福岡)
  5. 柳生一自、岡田亜也、富岡麻子、齊藤卓弥:多彩な身体症状を呈した思春期症例 北海道児童青年精神保健学会第39回例会 2015年2月15日(札幌)
  6. 柳生一自、竹内文也、岡田亜也、富岡麻子、白石秀明、齊藤卓弥:ADHD児童の脳磁図を用いたエントロピー解析 第6回日本ADHD学会 2015年3月7-8日(東京)
  7. 富岡麻子、岡田亜也、柳生一自、須山 聡、齊藤卓弥:ペアレント・トレーニングの子どもグループ併行実施の試み 第12回日本小児心身医学会北海道地方会 2015年8月2日(札幌)
  8. 岡田亜也、富岡麻子、柳生一自、齊藤卓弥:ペアレントトレーニングの1つの試み~短縮化と子どもグループの併用~ 第6回日本ADHD学会 2015年3月7-8日(東京)
平成25(2013)年度 < 平成26(2014)年度 > 平成27(2015)年度

講演・シンポジスト

  1. Takuya Saito: ADHD and its comorbidity and management, ADHD symposium 2014年5月27日 (Ho Chi Minh City)
  2. 齊藤卓弥:成人期ADHDにおける診断と治療, 北海道成人期ADHD学術講演 2014年7月14日(札幌)
  3. 齊藤卓弥:ガイドラインに沿った小児のうつ病の治療, 東京精神医学会 第16回専門医制度生涯教育研修会 2014年7月19日(東京)
  4. 齊藤卓弥:北海道小児神経学会地方会 児童思春期精神医学講座を開設して 2014年7月27日(札幌)
  5. 齊藤卓弥:成人ADHDの適正診断, 第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会合同年会 2011年11月20日(名古屋)
  6. 齊藤卓弥:子どもの情緒的な問題(不安・抑うつなど)の見立て, 日本精神神経学会精神科制度生涯教育研修会 2014年10月7日(札幌)
  7. 齊藤卓弥:DSM-5 が成人のADHDの診断と臨床におよぼした影響-, 第4回精神科実臨床からDSM-5を考える会 2014年9月30日(東京)
  8. 齊藤卓弥:今どきの思春期世代を知ろう-こころから理解する思春期-, 平成26年度精神保健講演会 2014年10月26日 (網走)
  9. 齊藤卓弥:日本精神神経学会精神科制度生涯教育研修会, 日本精神神経学会精神科制度生涯教育研修会2014年12月7日(東京)
  10. 齊藤卓弥:新たな枠組みのなかでのADHDの診断・治療, 第6回日本ADHD学会 2015年3月17日(東京)
  11. 齊藤卓弥:今どきの子どもたちとおのおのができること, 第40回札幌市医師会医学会 2015年2月15日(札幌)
  12. 齊藤卓弥:DSMの改訂と発達障害, 第20回 東京子どものメンタルヘルス研究会 2015年2月18日(東京)
  13. 齊藤卓弥:地域と手をつなぐ発達障害の支援-発達障害の新しい概念と支援について-, 手をつなぐ育成会セミナー 2015年3月15日(札幌)
  14. 齊藤卓弥:子どもの情緒的な問題(不安・抑うつなど)の見立て, 第4回小児精神医療研修会 2015年3月29日(広島)
  15. 齊藤卓弥:大人のADHDの診断はどのようにあるべきか? DSM-5と成人期ADHDの適正診断について, 第110回日本精神神経学会学術総会 2014年6月26-28日(横浜)
  16. 澤谷 篤、成重龍一郎、齊藤卓弥、大久保善朗:医学部BSL(Bed Side Learning)における精神科の役割, 第110回日本精神神経学会学術総会 2014年6月26-28日(横浜)
  17. 齊藤卓弥:大人になってから見いだされる自閉症スペクトラム障害 問題点の整理 成人期ASDの診断と治療の課題, 第110回日本精神神経学会学術総会 2014年6月26-28日(横浜)
  18. 齊藤卓弥:DSM-5時代の子どものうつ病の概念, 第11回日本うつ病学会総会 2014年7月18-19 日(広島)
  19. 齊藤卓弥:自殺の背景要因と発達, 第38回日本自殺予防学会総会 2014年9月11-13日(北九州)
  20. 齊藤卓弥:児童青年期における抗精神病薬の使用とその留意点, 第55回日本児童青年精神医学会総会 2014年10月11-13日(浜松)
  21. Hideaki Shiraishi (organizer, chair) Selected symposium: Impact investigation of MEG as direct diagnostic methods. the 19th International Conference on Biomagnetism. August 24-28, 2014 (Halifax, Canada) Kazuyori Yagyu: Schizophrenia and autism spectrum disorder
  22. 柳生一自:読み書き困難児の包括的支援~学校・病院・大学の連携から~医療機関でのディスレクシアへの対応と限界、日本LD学会第23回大会 2014年11月23-24日(大阪・大阪国際会議場)
  23. 柳生一自:身体・知的発達に偏りのある子どもたち NPO法人 和・ハーモニー音楽療法研究会第13回研修会 2015年2月21日(札幌)
  24. 柳生一自:発達障がいをもつ子どもたちの身体的な症状と訴え 日本心身医学会講習会教育講演 2015年2月22日(札幌)
  25. 柳生一自:新規開設された児童思春期精神医学講座の1年間の歩みと試み - ニッチからの発展を目指して、第18回有床総合病院精神科フォーラム 2015年7月11日(札幌)
平成25(2013)年度 < 平成26(2014)年度 > 平成27(2015)年度

論文

  1. Narishige R, Kawashima Y, Otaka Y, Saito T, Okubo Y.Gender differences in suicide attempters: a retrospective study of precipitating factors for suicide attempts at a critical emergency unit in Japan. BMC Psychiatry. 9;14:144. doi: 10.1186/1471-244X-14-144. 2014
  2. Tsujii N, Saito T, Izumoto Y, Usami M, Okada T, Negoro H, and Iida J. Experiences with Patient Refusal of Off-Label Prescribing of Psychotropic Medications to Children and Adolescents in Japan. J. Child Adolesc. Psychopharmacol. ahead of print. doi:10.1089/cap.2014.0131
  3. Ito T, Otsubo H, Shiraishi H, Yagyu K, Takahashi Y, Ueda Y, Takeuchi F, Takahashi K, Nakane S, Kohsaka S, Saitoh S. Advantageous information provided by magnetoencephalography for patients with neocortical epilepsy. Brain and Development 37 (2015) 237-242
  4. Maezawa H, Onishi K, Yagyu K, Shiraishi H, Hirai Y, Funahashi M. Modulation of stimulus-induced 20-Hz activity for the tongue and hard palate during tongue movement in humans. S1388-2457 (2015)
  5. 岩田みちる, 下條暁司, 橋本竜作, 柳生一自, 室橋春光:「発達性ディスレクシアにおけるRey複雑図形と文字の書き写しの関連性検討」,『子ども発達臨床研究』,7:1-4(2015)
  6. 岩田みちる, 草薙静江, 橋本竜作, 柳生一自, 室橋春光:「読み書き困難児に対する指導の一例」, 『子ども発達臨床研究』,7:49-55(2015)
  7. 岩田みちる, 柳生一自, 横山里美, 室橋春光:「二次障害を呈した読み困難児に対する包括的支援の重要性」, 『子ども発達臨床研究』,7:57-62(2015)
平成25(2013)年度 < 平成26(2014)年度 > 平成27(2015)年度

解説・評論・総説

  1. 齊藤 卓弥, 岡田 俊, 田中 究, 本城 秀次, 飯田 順三, 松本 英夫 DMS-5を理解するための基礎知識(第3回) 神経発達症群/神経発達障害群と秩序破壊的・衝動制御・素行症群 精神神経学雑誌 116巻4号 332-338 2014
  2. 齊藤卓弥DSM-5 DSM-IV-TRからの変更点 児童青年精神医学とその近接領域 55巻5号 11-517 2014
  3. 齊藤卓弥 注意欠如多動症(ADHD)の概念・症候・診断基準 精神科治療学 29巻増刊 Page307-312 2014
  4. 岡田 俊, 松本 英夫, 飯田 順三, 齊藤 卓弥, 田中 究, 本城 秀次, DSM-5を理解するための基礎知識 排泄症群 精神神経学雑誌116巻7号 629-631 2014
  5. 飛鳥井 望,市川 宏伸, 岩田 仲生, 内山 真, 太田 敏男, 大野 裕, 大森 哲郎, 尾崎 紀夫, 鹿島 晴雄, 兼本 浩祐, 神庭 重信, 北村 秀明, 久保 千春, 小山 善子, 齊藤 卓弥, 佐々木 司, 清水 栄司, 豊嶋 良一, 針間 博彦, 樋口 輝彦, 深津 亮, 松下 昌雄, 松永 千秋, 松本 ちひろ, 松本 英夫, 丸田 敏雅, 三野 進, 宮田 久嗣, 村井 俊哉, 吉内 一浩, DSM-5病名・用語翻訳ガイドライン(初版) 精神神経学雑誌 (0033-2658)116巻6号 429-457 2014
  6. 齊藤卓弥 妊娠中の抗うつ薬の使用の是非について教えてくださいDepression Journal 2巻2号 56-57 2014
  7. 齊藤卓弥 成人期の注意欠如多動性障害について 正しい理解・診断と治療の最前線Nursing BUSINESS 8巻7号 652-653 2014
  8. 齊藤卓弥 DSM-5における発達障害の新たな枠組み 小児科診療 77巻12号 1759-176 2014
  9. 齊藤卓弥 発達段階と自殺行動 若年者の自殺対策のあり方に関する報告書 国立精神神経医療研究センター 5-16 2014
  10. 齊藤卓弥 児童思春期の自殺の心理学的剖検の系統的なレビュー 若年者の自殺対策のあり方に関する報告書国立精神神経医療研究センター 17-16 2014
平成25(2013)年度 < 平成26(2014)年度 > 平成27(2015)年度

著書

  1. 齊藤卓弥 抑うつ尺度 p7-9 齊藤万比古 子どもの心の処方箋ガイド 中山書店 東京 2014
  2. 齊藤卓弥 月経前不快気分障害 p283-285齊藤万比古 子どもの心の処方箋ガイド 中山書店 東京 2014
  3. 齊藤卓弥 重篤気分調節症 p286-290齊藤万比古 子どもの心の処方箋ガイド 中山書店 東京 2014
平成25(2013)年度 < 平成26(2014)年度 > 平成27(2015)年度